• ホーム
  • ドメイン評価のチェックツールで見るポイント

ドメイン評価のチェックツールで見るポイント

さて、ドメインの評価には幾つかの方法があります。
被リンク数を調べたり、ドメインパワーを調べるなどの方法があるのです。
この場合、実は検索サイトや中古ドメイン販売業者はこういった評価そのものを公表していないことが多くなっています。
良さそうなドメインを見つけた場合、自分で調べる必要があるのです。
とはいえ客観的に調べるのは難しい事が多いため、基本的には専用のツールを使うといいでしょう。

チェックツールで見るべきなのは、基本的には被リンク数やドメインパワー、元サイトのコンテンツなどが挙げられます。
出来るだけ質の良い、リスクの少ないものを探すためには、いくつかの方法を知りましょう。

被リンク数を知る場合、いくつかの被リンクチェッカーやSEO専用のWebサービスを使うのが基本です。
これらのツールの中に「被リンク数」というのがありますので、その点を確認してチェックを行いましょう。
SEO系のツールにはドメイン名のみで検索できるものがありますので、そのツールを使うとかなり効率よく調べる事が出来ます。

ドメインパワーも同様です。
いくつかのSEO対策用Webサービスの中には、被リンク数だけではなくドメインパワーも表示されるものがあります。
こちらもドメインだけで調べられますので、検索してみると良いでしょう。
気をつけたいのは、このドメインパワーは基本的にそのツール毎に違う場合があります。
また、リンク数や評価のタイミングによって違ってくる場合もあるでしょう。
このため、出来るだけ同じタイミングで違うツールを使ってみるのがおすすめです。

もしこれらのツールを使うのであれば、他にも見ておきたい点があります。
ひとつはキーワードです。
これはどういうリンクで被リンクを受けているのか、どういうテキストやキーワードでリンクを張っているのかという点です。
このキーワードとこれから作るコンテンツに大きなずれがあると、被リンクを受けても評価されなかったり、リンクの内容がおかしいためにペナルティを受ける可能性もあります。

また、中古ドメイン販売業者の中には独自基準として、パワーランクというものをつけている業者もあります。
これは中古ドメインがどのくらいSEO効果があるか、という事を評価した数値や値で、様々な基準から中古ドメインのパワーをランク付けしています。
高いパワーランクの物はより高いドメインパワーが期待できるでしょう。
ですが、これらもチェックしながら、同時に外部ツールでも調べてみてください。

関連記事