• ホーム
  • 中古ドメインでも被リンクの状況を確認しよう

中古ドメインでも被リンクの状況を確認しよう

パソコンを見ている男性

中古ドメインを運用するのであれば、同時に被リンクの状況を確認したいものです。
実は被リンクはSEOに良い効果をもたらす、とされていますが、中には悪質な被リンクを受けている場合もあります。

Googleはかつて、リンクを受けることをSEOのひとつと考えていました。
具体的にはリンク数が多ければ多いほど、そのサイトの信頼性は高いと考えていたのです。
ですが、これを悪用して内容が薄いサイトでも上位表示させるための方法というのが生まれました。
いわゆる悪質なリンクファームからのリンクや、無意味で内容の薄いサイトからのリンクなどでも、十分評価されることがあったのです。
Googleはこれを改善し、今ではリンクの頻度やリンク元のコンテンツの内容、リンクしているときのキーワードなどを評価基準に加えています。

これらの被リンクの内容やキーワードなどは、そのまま新しいサイトのコンテンツにも影響します。
具体的には被リンクを受けているサイトの数が多ければ多いほど、たしかにSEOに良い影響をもたらしますし上位表示も狙えるでしょう。
ですが、そのリンクが一時的に不自然に発生してしまっていたり、リンクの内容とコンテンツの内容が大きく違いすぎるような場合、ペナルティが発生する可能性もあります。

このため、リンクの内容や状況を確認することで、そのドメインがこれから作るサイトにどのような効果をもたらしてくれるのか、影響を考える事が出来るでしょう。
例えば作るサイトと似たコンテンツやよいリンクであれば、良い影響をもたらす可能性は格段に高くなります。
もちろんその逆も考えられるでしょう。

中にはリンクが信頼性の高いサイトやドメインからあれば、最初から上位を狙える可能性も出てきています。
一般的にGoogleが評価する信頼性の高いサイトは、運営期間が長いサイト、ドメインを開設してからの年数が長いサイトなどです。
また、国の政府機関や学校教育機関はドメインの信頼性が高いため、そういったサイトからのリンクも評価される可能性が高いでしょう。
このようなところからリンクを受けているドメインは特にGoogleも評価しやすいかもしれません。

このため、被リンクの状況を確認すると、過去にそのサイトがどういう評価を受けていたのかが分かります。
また、サイトのリンク状況によってはSEOにプラスにもなりますし、マイナスにもなる可能性があるのです。
事前によく確認しておきましょう。

関連記事
人気記事一覧