• ホーム
  • 信頼性のあるドメインと信頼性のないドメインとは

信頼性のあるドメインと信頼性のないドメインとは

パソコンを見ている男性

まず、ドメインを購入するときに最も大事なのが、そのドメインの信頼性です。
様々な種類がありますが、良い物と悪い物がある、という事だけは覚えておきましょう。

ドメインの作り方としては、特定の文字列とトップレベルドメインというものがくっついたものです。
この二つの組み合わせがあって、ドメインを取得することができるのです。

一般的には「co.jp」は企業を表し「ne.jp」は日本国内の企業や団体を指します。
取得が難しいのが「go.jp」でしょう。
こちらは日本国内の政府機関や独立行政法人などの、日本国内での政治的に影響のある団体を指します。
学校系の期間であれば「ac.jp」というドメインが使えます。

つまり、これらは基本的に「日本国内にある」という事を示しています。
また、これらは日本と何らかの関連性があるとされる企業や、特定の団体のみに付与されるのです。
このため、取得が大変難しく、与える側にも大変な価値を持つことがあります。
もし何らかの企業や学校・団体などが取得する場合は、こちらの方が信頼性も高いでしょう。

一方、そうではないサイトの場合、ドメインにこれらの信頼性の高いトップレベルを使うことはできません。
このため、これらの文字列を取得しようとしても、原則ではとても難しい傾向があります。

とはいえ基本的に日本国内を対象にしたアフィリエイトの場合、信頼性が高いのは「jp」というものでしょう。
これは日本を意味する文字列で、日本のサイトという事になります。
一般的に日本国内のサイトや記事を扱うのであれば、日本を対象にしていることが多いと思われるため「jp」を取得しておく方が信頼性は高いとされています。

そして、ドメイン名となる文字列です。
文字列については基本的にそのサービスを伝える文字列が多くなっています。
ですが、最近ではドメイン名にも様々な種類が出てきており、自由な文字列や短いものは少なくなってきているのです。
このため、基本的には単語を複数組わせたものや、サイトや記事の内容を踏まえた上で個性的な物を選びましょう。

そして何より大事なのが、ドメイン名はSEO効果ももたらすという事です。
そのサービスが何かという事を文字列から察することができますし、リンクも踏みやすくなるでしょう。
SEO効果を期待するためには、ドメイン名についてはあまり個性的でひねったものよりも、シンプルで分かりやすい、なおかつ短めの文字列を選ぶことがおすすめです。

関連記事