• ホーム
  • SEOに悪影響を与えるドメインの特徴

SEOに悪影響を与えるドメインの特徴

パソコンを見ている男女

SEOを考える場合、ドメインそれそのものにはあまり悪い影響があるわけではありません。
ですが、中古ドメインの場合は過去の評価がそのまま影響を及ぼすため、中にはGoogleの悪影響が引き継がれる場合もあります。
この場合、どういうドメインなのかという特徴をお教えしましょう。

まず、基本的にはドメインそのものがSEOに悪いということはありません。
あえて明らかにSEOに悪いドメインを選ぶとするならば、物騒な文字列やあまりよく無い文字列、人がクリックしたくないような文字列を使うと、クリック数や集客が下がる可能性がある、という点です。
このため、ドメインのもとになるキーワード選定はいくつか明確にしておき、文字列そのものである程度サービス名やサイト内容、記事の内容が分かるような文字列にすることが望ましいでしょう。

次に、過去にGoogleからペナルティを受けたようなドメインは検索結果に悪い影響を与えます。
この場合、コンテンツの質が悪かったりするような場合に大きな影響を与えるでしょう。
サイトのボリュームがないとか、サイトの運営方針で悪質なSEO対策がとられていたような場合、中古ドメインにも悪い影響を及ぼすことが多いのです。

また、サイトのコンテンツも重要です。
違法行為やセクシュアルなコンテンツ、あるいはサイトの内容が過激だったような場合、ペナルティが発生することがあります。
特にこれらはそのサイトの記事の内容に影響されますから、ドメインも自然と悪質なコンテンツの物だと判断され、SEO的に悪い影響を及ぼすでしょう。
ただし、この場合は次に作成する内容に関連性がある場合、悪い影響を及ぼすばかりではない可能性もあるでしょう。
このため、コンテンツ次第では有利になる場合もあります。

そのほか、過去にリンクされていたサイトからの被リンクが明らかに悪質な物だった場合や、今のコンテンツとあまりに違いすぎるような場合、サイトのSEO対策を行ってもあまりいいとは言い難いのが現状です。
リンクのキーワードやそのサイトの中身のキーワードがどのようになっているか、というようなことが一つのポイントとなります。

注意したいのは、このような悪影響を受けた物でも平気で販売されていることがある、という事です。
そのサイトがそもそもどういった内容・コンテンツ・キーワード選定のもとで運用されていたか、という事も事前に確認してから購入しましょう。

関連記事