• ホーム
  • SEO効果はどのくらい期待できるのか

SEO効果はどのくらい期待できるのか

さて、ここまで中古ドメインのことについて解説してきました。
それでは中古ドメインがどのくらいSEO効果をもたらすでしょうか。
結論から言うと、かなり期待してかまわない、という可能性があります。
ですが、その一方で、適切なドメインと適切な被リンクを受けているかどうかを選ぶこともまた、同時に大きなポイントとなる場合が多いのです。

中古ドメインの最も大きなSEO効果は、すでにある程度被リンクが存在するという点に尽きるでしょう。
被リンクは基本的にSEOに良い影響をもたらします。
このため、被リンクがあること、既に存在することそのものが良い影響となるのです。
初めから検索順位で上位表示を狙えるので、ある程度SEO対策が楽になるというメリットがあります。
特に良質なサイトから良いキーワードでリンクがあるような場合、被リンクの影響は大きくなります。
リンク数や質の良いドメインを得られれば、圧倒的にサイトの運営は楽になる可能性が高くなるようです。

また、リンクからの流入も期待できます。
例えば大規模なサイトや評判のあるサイト、訪問者数の多いサイトからの被リンクがあれば、そのリンクからの流入が期待できるでしょう。
このため、最初から集客を頑張ったり、検索順位で上位表示を狙う必要が少なくなります。

その一方で、サイトのコンテンツが合わなかったりリンクの内容とずれている場合はリスクがある、という事はお伝えしてきました。
このため、中にはリンクを否認したり、適切なところからリンクを得るために再度SEO対策を頑張らなくてはいけない場合があるのです。

また、逆SEOが効いてしまう場合もあるかもしれません。
これはSEOで検索結果で上位を狙わないという施策で、つまりリンクの質が悪かったり運営が悪かったりするため、検索結果で逆に下位になったり、ペナルティを受けて検索結果にサイトが表示されないなどの可能性もあるのです。

このため、ドメイン取得の場合はどのようなキーワードでリンクを得ているのか、どんなサイトからリンクを受けているのか、などの検証が必要になります。
また、もし複数の中古ドメインが購入対象となるような場合、どちらがいいのかを比較する必要もあるでしょう。
この場合もそれぞれの中古ドメインの被リンクの数や内容、運営されていたサイトの内容などを確認し、改めてどのようなSEO施策がなされていたのかを検証してから購入しましょう。

関連記事
人気記事一覧